hp_yume_header.jpg


願望夢 一覧


2017年3月15日(水)の夢日記

夢の内容

ACTアート大賞プリント部門の会場に遅れて行く。
大勢の人が詰めかけ賑わっている。

写真家になる前からの知り合いの審査員の方から「おめでとう。作品、とても良かったよ」と言われる。
どうやら既に受賞発表が済み、とうとう念願の最優秀賞を受賞できたらしい。

プチ夢分析

願望夢?

このコンペには初回の2014年から応募し続け、いずれも優秀賞をいただきました。
ですから、いつの日にか最優秀賞をという思いは常にあります。
その意味で、この夢は典型的な願望夢と言えそうです。

ただ少し気になるのは、今回の応募作品に対しては例年ほどの自信を持っているわけではないことです。
自信に溢れているのでしたら、すんなり願望夢と思えますが、そうではないので、いまいち腑に落ちないのです...

ちなみに今回は自信がないということではなく、これまでの応募作品と違いコンセプトを前面に押し出した作品であるため、それがアート写真を求めるこのコンペでどのように評価されるのか予想もつかないためです。

ACTアート大賞展2017プリント部門 展示案内


明日、トーキョー・アート・ナビゲーション・コンペティション(通称:TANコンペ)の最終審査の結果が発表されるからでしょうか、今日はハッキリとした形ではありませんが、コンペで入賞することを匂わせるような夢を繰り返し見ました。

フロイトの「すべての夢は無意識の意図まで含めれば願望夢である」旨の見解を持ち出すまでもなく、あまりに分かりやすい願望夢です。

私見ですが、この「ハッキリとした形ではなく匂わせる」というところに、コンペへの期待(願望)と不安とが表されているように思えます。
不安というのは、決して自信があるわけではないためです。

発表は明日の午後の予定ですので、恐らく今晩もまた同じような願望夢にうなされる?ことになるでしょう(笑)


2014年11月27日(木)の夢日記
今朝、思いっきり願望夢な夢を見ました。

夢の内容:

確信は持てないが、今最終審査中のコンペの結果が出たらしい。
私の作品の上部に金色の紙が貼られている。
金色…もしかして最優秀賞!?

これは本当なのか…信じられない…
しかしその後も次々と自分が受賞したとしか解釈できないような展開が続く…

夢の素材:

夢と同様、まさに今最終審査中の「トーキョー・アート・ナビゲーション・コンペティション」*のことが夢に出てきたのだと思います。

*関連ブログ:
「トーキョー・アート・ナビゲーション・コンペティション」一次審査を通過して美術手帖に掲載いただきました!

プチ夢分析:

冒頭で述べましたように、これは明らかに願わくば最優秀賞受賞を期待する願望夢だと思われます。
というより妄想夢?に近いかもしれませんが…

また夢の中で、受賞がハッキリとした形ではないため疑心暗鬼になっているのは、現実生活での心の揺れ動きを表しているものと思われます。

このページの上部へ

プロフィール

心理カウンセラー・夢分析家・写真家
保有資格:
産業カウンセラー
米国NLP協会TM認定NLPマスタープラクティショナー
プロフィール詳細

サイト内検索

最近のピクチャ

  • 夜の公園のゾウ