hp_yume_header.jpg


自己分析 一覧


自由連想法による自己分析・ゲシュタルト療法の夢分析への効果 目次:

夢分析の仕事に必須の自己分析
久しぶりの夢分析での心理状態の変化
自由連想法による自己分析・ゲシュタルト療法の夢分析への効果
夢分析における緊張や動揺は心理療法の練習だけでは解消できない
自由連想法による自己分析の、自己洞察の能率の良さ
ゲシュタルト療法による自己傾聴の、自己受容の能率の良さ
自由連想法による自己分析とゲシュタルト療法による自己傾聴の使い分け

夢分析の仕事に必須の自己分析:

夢分析に携わるもの、つまり夢分析家には(ベースとなる心理療法の種類に関わらず)自己分析により自らの心を内省することが求められていますが、最近この自己分析の重要性を確信する出来事に遭遇しました。

久しぶりの夢分析での心理状態の変化:

実は半年ぐらい前から対面での夢分析の予約がぱったりと途絶えてしまい、その打開策として料金を大幅に下げ空いているカフェで夢分析を始めました。
この打開策は功を奏したようで夢分析にまた予約が入るようになりました。

こうして久しぶりに対面での夢分析を行いますと、クライエントさんに相対する自分の心理状態に大きな、それも肯定的な変化が生じていることに気づかされました。

本来でしたら実践からしばらく遠ざかっていたわけですから、勘が鈍って思うようにできないことが予想されます。事実、夢分析の直前まではそのような不安を感じていました。
しかし、いざクライエントさんと向き合いますと先ほどまで感じていた不安は消え去り、夢分析の最中は自分でも不思議なほどクライエントさんの話にこれまでになく集中することができ、なおかつ動揺するようなこともありませんでした。



自由連想法による自己分析・ゲシュタルト療法の夢分析への効果:

なぜこのような不思議なことが起きたのかと探ってみますと、考えられる要因は自由連想法による自己分析だけでした。

自由連想法による自己分析は一年ほど前から定期的に行っていましたが、対面での夢分析の予約が途絶えていた期間は時間に余裕ができたためほぼ毎日、日によっては一日に二回行い、自身の無意識的な心理についての洞察がそれまでよりも飛躍的に進みました。
またその間にゲシュタルト療法というイメージ療法を使えば自分自身に傾聴(自己傾聴)することができることも発見できました。

対面での夢分析の予約が途絶えていた期間に行っていたのは自由連想法による自己分析やゲシュタルト療法による自己傾聴だけでしたので、久しぶりの夢分析における心理状態の変化に影響を与えたのはこれらの作業としか考えられません。



夢分析における緊張や動揺は心理療法の練習だけでは解消できない:

このことは夢分析の練習方法について考えさせられるものでした。

一見、夢分析で緊張動揺が生じるのは、それぞれで用いられる心理療法の練習不足、つまりその心理療法がしっかり身についていないことが原因と思われがちですが、私の体験を考慮すれば必ずしもそうとは言えず、むしろ自己分析により自己洞察を深めた方が、夢分析での緊張や動揺の解消に遥かに効果的と思われます。

※もちろん心理療法の練習不足も緊張や動揺の原因の一つであることに違いはありません。
たとえば(やはりクライエント数減少の対策として)最近カフェで行う自己分析を新しく始めたのですが、初回は大変な緊張や不安を味わいました。これは明らかに進め方への「不慣れ」が原因と考えられます。



自由連想法による自己分析の、自己洞察の能率の良さ:

このように緊張や動揺の軽減・解消など、夢分析の実践に多大なメリットをもたらすと考えられる自己分析ですが、ではどのような方法で行っても、言葉を変えればどの心理療法を用いても同様の効果が得られるのかといえば、私の答えはノーです。

これまでの私の自己分析の実践を振り返ってみますと、その時期その時期でフォーカシングプロセスワーク・ユング心理学のアクティブイマジネーション・(自己傾聴ではない)ゲシュタルト療法など様々な心理療法を用いて自己分析を行ってきましたが、自己洞察の能率が飛躍的に高まったのは精神分析の創始者フロイトが治療に使った自由連想法を自己分析に用いるようになってからでした。

自由連想法とは「文字通りの意味で」頭に浮かんだ言葉をすべて声に出していく心理療法ですが、自己分析の場合は話す相手がいないため、代わって頭に浮かんできた言葉をすべてノートパソコンで記録していきました。
この作業を辛抱強く40~50分も続けますと、これまで一度も考えなかったような、そして「本当に自分がこんなことを考えていたのだろうか?」と疑問に思うような思考が自己分析を行うたびに次々と現れてきました。

このような体験は他の心理療法では起こり得ないことでした。他の心理療法は高揚感を感じるようなスピリチュアルな体験をもたらしても、自分自身の理解(自己洞察)という点では満足いくものではなかったのです…

自由連想法による自己分析セミナー >>
自由連想法による自己分析個人レッスン >>



ゲシュタルト療法による自己傾聴の、自己受容の能率の良さ:

対面での夢分析が皆無だった期間に自由連想法による自己分析とは別に、頻度は少ないですがゲシュタルト療法による自己傾聴というものも行いました。

ゲシュタルト療法とはイメージ療法の一種で、頭の中で自分自身のある性格の部分や対人関係における相手の方をイメージしそのイメージと対話する、つまり空想上の対話を使った心理療法です。
このゲシュタルト療法のテクニックを使えば、傷ついた自分のある部分に対して、いわばもう一人の自分が夢分析家のような態度で接する、言葉を変えれば夢分析を行うことが可能となります。

ここで「ゲシュタルト療法による自己傾聴」と心理療法を傾聴に限定しているのには、私がこのテクニックを発見したときの状況(心理状態)が影響しています。

それはいつものように自由連想法による自己分析を行っていたときでした。例によってこれまで考えたこともないような思考が浮かんできたのですが、このときに限っては思考のみならず感情、それもおそらくかつて体験しこれまでずっと抑圧され続けてきたと思われる非常に辛い感情が同時に蘇ってきました。
それはまるで決して触れてはならないトラウマ(心的外傷)に不用意に触れてしまったかのような恐怖を私にもたらしました。

ただし恐怖と同時に、この恐怖や苦痛を誰か一緒に抱えて欲しい・そうして支えて欲しいという気持ちもハッキリと感じられました。
そのときとっさに浮かんだのが傾聴という心理療法でした。傾聴*によって恐怖や心理的苦痛に圧倒されかかっている自分自身を支える以外に救う方法はなく、またそうしないと今にも自分が崩壊してしまいそうな不安を覚えました。
そして自分自身に対して傾聴できる心理療法はゲシュタルト療法以外に思いつきませんでした。

*クライエントの言葉のうち(クライエントにとって)重要と思われるキーフレーズや感情(実感)を伴っていると思える言葉をそのまま伝え返す(繰り返す)心理療法。

こうしてゲシュタルト療法のテクニックを使い半ば手探り状態で自分自身に対する傾聴を試みたところ、やがてこれまで体験したことのない心理状態が訪れました。それは本当の自分との出会いでした。
「本当の自分」と呼べるようなこれまでずっと心の奥底に幽閉されていた自分のあり方に出会い、そのような自分でいても大丈夫という自己受容の体験でした。
またこれはウィニコットの「本当の自己」と「偽りの自己」の概念の実体験でもありました。

このように「本当の自己」に触れるような深い自己受容が、たった一回のゲシュタルト療法による自己傾聴でもたらされたのです。

自己受容自体は自己分析により自己洞察を得ることでいずれは可能となります。しかしそれは簡単なことではありません。
私が体験した限りでは「自己洞察→自己受容」は次のようなプロセスを経て達成されるようです。

1. ある自己洞察が得られる。
2. それと同じような自己洞察が何度も繰り返される
(すでに分かりきったことが何度も出てくるため、これは非常にイライラさせられる心理状態です)
3. 自己洞察が繰り返されるのみで、何ら心理的な変化が生じないことから、ついには「もう自分は変わらない・変えられない」と諦めの境地にも似た感覚で自己受容がなされる

このように自由連想法などによる自己分析でも辛抱強く続けさえすれば、いずれは自己受容に至ると考えられますが、ゲシュタルト療法による自己傾聴に比べれば遥かに時間がかかります。



自由連想法による自己分析とゲシュタルト療法による自己傾聴の使い分け:

ここでゲシュタルト療法による自己傾聴にそれほどまでの効果があるのなら、最初からゲシュタルト療法による自己傾聴を行えば一番効果が高いように思えますが、私の経験ではそうではありません。

上述のゲシュタルト療法による自己傾聴の劇的な効果は、クライエントの立場である傷ついた自分自身のニーズ(この恐怖や苦痛を誰か一緒に抱えて欲しい・そうして支えて欲しい)を的確に汲み取って行われたからこそ得られたものであり、そうでなければ「オウム返し」のように忠実な傾聴は、単に奇妙な応答と受け取られるだけと思われます。
関連ブログ:傾聴とオウム返しとの違い-クライエント中心療法における自己治癒力

したがってゲシュタルト療法による自己傾聴は、傷ついた自分自身の傾聴を求めるニーズが感じられたときにのみ使い、それ以外のときは主に自由連想法による自己分析を行うというのが自己分析に対する私の考えです。

ゲシュタルト療法による自己傾聴セミナー >>
ゲシュタルト療法による自己傾聴 個人レッスン >>

自由連想法 解説本

ゲシュタルト療法 解説本
個人的には『実践・“受容的な”ゲシュタルト・セラピー―カウンセリングを学ぶ人のために』をお勧めいたします。


私自身のPTSD体験および、その際に行った治療について掲載させていただきます。

注)PTSDは、もともと外傷後ストレス障害と訳され、もっぱら重度の外傷(大災害や犯罪)の被害者の方のために用いられていたようですが、今日ではストレス因子に心的外傷(トラウマ)も含むのが一般化し、心的外傷後ストレス障害と訳されることが多くなってきています。
今回の私の体験も言わば「言葉の暴力」と呼べるもので、心的外傷の範疇に含まれるものです。

ストレス因子・心的外傷:

ある心理療法において指導的な立場にあるセラピストの方とミーティングを行っていた時のことです。
不意に心理カウンセリングの仕事を今すぐやめるように迫られたのですが、それは私にとってあまりにも重大事であったため即答できず「少し考えさせて下さい」と応じたのですが、「そうやって何でも一人で決めようとするのが、あなたの悪いところだ。今すぐこの場の関係性の中で決めなさい」と切り返されてしまいました。

冷静に考えると、大事なことを時間をかけて検討するのは至極当たり前のことですが、この時の私は相手の気迫(これがストレス因子に当たります)に圧倒されてしまい、冷静な判断力を失ってしまいました。
すぐに返事ができずに固まってしまった私を見て、相手の方がポツリと「困ったなぁ…」
その場に気まずい雰囲気が流れました…(これもストレス因子になっています)
さらに追い打ちをかけるように「あなたに心理カウンセリングの仕事をする能力があるとは思えない」…

この「能力がない」と言われたことがとても堪え(結果的に、これが心的外傷の引き金になりました)、なかば諦めたように「判りました。」と相手の要求を呑みました。その瞬間、ホッと体全体が楽になるのを感じました。
帰り道「これはきっと(心理カウンセリングの仕事を)諦めたからに違いない」と思えました。
(それは、やりがいがある反面、大変なことでもあったからです)

PTSD(心的外傷後ストレス障害)を体験:

ところが家に帰ってから事態は急変します。急に言い様のない無力感に襲われたのです。
その無力感は心理カウンセリングの仕事のみならず生活のあらゆる面におよび、自分にはそれを行う能力がない、生きている価値もないように感じられました。また喜びの感情が失われ抑うつ感に支配されました。
さらに10年ほど前の社会不安障害・パニック障害の時のことが思い出され、「またパニック発作が起こるのではないか? あの悪夢のような日々に逆戻りしてしまうのではないか?」との不安に駆られました。

その後も繰り返し、例のセラピストのことが思い出され(=フラッシュバック)、その度にものすごい怒りが込み上げてきて何も手につかなくなりました(一時は訴訟も考えたほどです)。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療経過:

PTSDの話を聞いてもらう

数日後、スカイプを用いた心理カウンセリングの勉強会がありましたので、その場を借りて学習仲間に今回のPTSDのことについて話を聞いてもらいました。
正直、仲間の応対は共感的とは言い難かったのですが、それでも私には「とても救いと」なりました。なぜなら、お互い同じ立場だったゆえに言いたいことが言えた(言わせてもらえた)からです。これはPTSDの原因となったやりとりの、指導者に対して何も言えなかった状態とは雲泥の差です。

心理カウンセリング

その後、無力感、抑うつ感、パニック発作への予期不安は治まりましたが依然としてフラッシュバックは続き、怒りによる心の支配、集中力の欠如など少なからず生活に支障が出ていましたで、信頼のおける別のセラピストの方に心理カウンセリングをお願いしました。
カウンセリングではひと通り話を聞いてもらった後に、今回のPTSDの原因の一つとして加害者であるセラピストに無理強いされた際に、私の方からも「積極的に相手の言いなりになる」ような傾向があることが明らかとなりました*。

*そうまでして「相手の要求に応えたい、認められたい」と思うのには、私自身の(自尊心の維持に関して問題を抱える)自己愛性人格の傾向が影響していると思われます。

そこで「本当はどのように対応すれば良かったのか」を知るために相手のセラピストの立場を体験しました(ゲシュタルト療法)。すると徐々に相手の目つきや仕草などが細かく思い出されてきました…
それはとても操作的なものでした。相手を自分の思いどおりに操作するための手練手管の数々が姿を現したのです。
そして私を一番苦しめた一言「能力がない」も、私がなかなか折れないのを見て「駄目押しとして付け足されたものに過ぎない」ことも明らかとなりました。

こうして私は、PTSDを引き起こした心的外傷(呪いの言葉の数々)から解き放たれ、フラッシュバックをはじめとした症状も消失していきました。

注)今回のカウンセリングで明るみとなったことは必ずしも事実とは限りません。あくまで私の認知(物事の受け止め方、内的現実)です。
しかし(これは心の病い一般に言えることですが)外的な現実が何もかわらなくても認知の仕方が変わることで、人は癒され病いから立ち直ることができます。

PTSDからの教訓:

今回のPTSDの一件から「ひょっとして自分も、無意識にクライエントさんを同じ目に遭わせてしまうこともあるかもしれない」との危機意識が芽生え、カウンセリングしていただいた方との間で「定期的な個人セッション」「スーパービジョン(カウンセリングの指導)」「リファー(困難なクライエントさんの引き受け)」の契約を結ぶ契機となりました。

また自分が、不安定な自尊心を満たすために「進んで他人に利用される」ことが多々あることを肝に銘じ、そのような状況に陥らないよう意識するようになりました。

PTSD後の自己分析:

マゾヒスティック(自虐的)人格傾向

その後の自己分析(夢分析)で、私には他人の心の中にある「他者を支配したり操作する欲求」を引き出す傾向(マゾヒスティック(自虐的)人格傾向)があることも判りました。

関連ページ:マゾヒスティック(自虐的)人格傾向@夢分析&自己分析

「置き換え」の存在

最後に、このブログを書いていて気づいたことがあります。相手の要求に屈した時に「体が楽になった」ことについてです。
今だから判りますが、これはその場のプレッシャーから解放され、一時的にストレスが軽減されたからだと思われます。

人間には「自分の選択が正しかった」と思い込む習性(思い込みたい欲求)があります。そして正当化のために「一見もっともな理由付け」を行います。
そのようにして「これはきっと(心理カウンセリングの仕事を)諦めたからに違いない」という思い込みが生じたのでしょう。このような対象の移し替えは防衛機制の一つで置き換えと呼ばれます。
もし置き換えが生じていなかったなら、それはそれで大変な選択ミスを犯したことに気づき、後悔の念に苛まれていたことでしょう。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)参考書籍


2006/10/21の夢日記:

駅前の道を歩いていると角刈り男にいきなり身柄を拘束される(@o@;)
その場で、布で後ろ手に縛られ取調室で取調べ…
ところが、ちゃんと縛れてないので簡単に解ける。しかしこれは罠のような気がする。逃げたら今度は逃亡罪の罪を着せられるに違いない…

夢分析:

角刈り男

痩せた体型や髪型から「高校の担任」を連想。もっとも、角刈りというよりも髪が薄くなって、むしろ「丸坊主」に近い感じですが…

私はこの担任に目を付けられていました。
通常はドラマなどに見られるように、何か問題が起こると「不良の生徒」がやり玉に挙げられることが多いものですが、この担任にかかると矛先はいつも私でした。
教室でお金がなくなった時も、いきなりホームルームで「犯人は○○(私)に似ているらしいぞ」と言われビックリしました。なぜなら私には明らかにアリバイがあったからです。
おそらくこの担任は、私を何とかして貶めたり人前で恥をかかせたりしたくて仕方がなかったのでしょう。

実は最近も同じような目に遭いました…
心理カウンセリングの勉強会の席で、指導者の方からあることで叱責されました。それは私に非があることでしたので言われたことについては納得しましたが、あくまで私の個人的な事柄で、わざわざ「他の学習者の前で」話す必要のないことでした。
もう「恥ずかしさ」と「惨めさ」で気が遠くなりそうでした(@o@;)

後で振り返ると、まるで「俺の言うことを聞かないと、お前らも同じような目に遭わせるぞ」と見せしめにされたような気がしました。

自己分析:

マゾヒスティック(自虐的)人格傾向

高校時代といい今回のことといい、また学生時代に「たびたび虐められてきた」ことを考え合わせると、どうも私は「他人から虐められ支配される、他人を支配するための道具として利用される」といったことを繰り返してきたようです。

パーソナリティ障害の診断と治療』によると、このような性格の方はマゾヒスティック(自虐的)人格と呼ばれるようです。
マゾヒスティック(自虐的)人格の方は、他人の中のサディスティックな傾向を助長してしまうそうです。

初めて「マゾヒスティック(自虐的)人格」を自覚

今まで自分の中の「自己愛性人格」「シゾイド(分裂病質)人格」「強迫性人格」の側面については自覚していたのですが、マゾヒスティック(自虐的)人格の傾向も相当強いことを、今回の夢分析・自己分析を通じて初めて知りました☆

そういえば子供の頃にもマゾヒスティック(自虐的)人格を思わせる出来事がありました。
幼稚園、あるいは小学校に上がったばかりの冬のある日、母にアイスを買ってもらって一緒に親戚の家に遊びにいきました。親戚の家はアパートの5階にあり、上まで上って地面を見下ろした時、私は突然「ねぇ、ここからアイス落としたらどうなると思う?」と言いました。最初は気にも止めなった母でしたが、私がしつこく尋ねるので仕舞いには怒り出してしまいました。

今まで、何でわざわざ叱られるようなことをしたのかと不思議でならなかったのですが、やっと謎が解けました☆
それにしてもマゾヒスティック(自虐的)人格とは、損な性格です(T_T)

マゾヒスティック(自虐的)人格の解説本

関連夢占い:
夢占い:髪の夢・髪を切る夢・髪の毛が抜ける夢
夢占い 知らない人の夢の意味

このページの上部へ

プロフィール

心理カウンセラー・夢分析家・写真家
保有資格:
産業カウンセラー
米国NLP協会TM認定NLPマスタープラクティショナー
プロフィール詳細

サイト内検索

最近のピクチャ

  • 夜の公園のゾウ