hp_yume_header.jpg


自己愛性人格障害 一覧


2006/10/08の夢日記:

家にファッションアドバイザーと名乗る男が来ている。今日これから大事な面接(打ち合わせ?)があるので、友人が呼んでくれたらしい。
ところがこのファッションアドバイザー、いくら専門家とはいえ毒舌が過ぎる。
見せる服を次々とケチョンケチョンに貶される...

それでも何とか褒めてもらおうと、必死に服を見せ続ける...

プチ夢分析・夢診断:

貶されても貶されても、褒めてもらおうと必死に取りすがる...
今ちょうど人格障害と共に発達心理学の研究をしていますが、そのことが夢に影響を与えているのかもしれません。

「褒めてもらおうと必死に取りすがる」のは、大人であれば「自己愛性人格における自尊心維持のための病的なパターン」と写りますが、もしこれが幼児であれば、おそらく「親の愛情を得る」ための必死の行動なのでしょう。

シンクロニシティ

翌日サイゼリアで「この夢と似た光景」を目にしました。
男の子が一生懸命、お母さんに話し掛けています。
「ねぇ、ママ。聞いてる? ボクの話、聞いてる?」
お母さんは「いつものことだ」と言わんばかりに(顔色一つ変えず)無視して友達と話し続けます。
「ねぇ、ママ。聞いてる? ボクの話、ちゃんと聞いてる?」
何度も何度も、そう繰り返します...
男の子にはどうして、お母さんが返事をしてくれないのか判らない様子です...

アリス・ミラーは「才能ある子のドラマ」の中で、このような行為は自己愛性人格障害の原因になりかねないことを指摘しています。
しかし他人の私には、この親子の事情は判りません。ひょっとして私自身の自己愛性人格の一面を投影して、過剰反応しているだけなのかもしれません。
とはいえ見ていて、とても居たたまれない光景でした...

しかし、くどいようですが本当のところは何も判りません

才能ある子のドラマ―真の自己を求めて/アリス・ミラー著
自己愛性人格障害に関する古典的名著★
インナーチャイルド思想の原点となった本でもあります。


阿部寛は性格の悪いカフェオーナー?@夢日記の夢の夢分析。

夢分析:

ドラゴン桜の教師役のような性格の夢の阿部寛

この夢を見たとき、先ずなぜ阿部寛が夢に出てきたのか不思議に思いました。なぜなら夢の素材の多くは、その夢を見た当時の日常生活に関係しているためです。
今ちょうど『白い影』という阿部寛主演のドラマを放送していますが私は見ていませんし、主人公の性格も夢の中の阿部寛とは違っているような気がします…

しかし自由連想法的に思考を巡らせていくうちに、夢を見た当時『ドラゴン桜』の再放送をしていたのを思い出しました。
ドラゴン桜の教師役の阿部寛でしたら、夢の阿部寛と性格が良く似ています。
自分の受験勉強の理論に対する絶対的な自信、長谷川京子をこき使う様…etc.

抑うつ的な自己愛性人格を象徴

では次に夢に登場したドラゴン桜の教師役的な阿部寛は何を意味しているかと考えて見ますと…やはり私の抑うつ的な自己愛性人格を象徴しているように思えます。
夢に登場したドラゴン桜の教師役的な阿部寛に近い性格を内に秘めながら、他人の目を気にして余程のことがない限りそれを表には出せない…そのジレンマ(葛藤)の結果、対人恐怖症的な不安に晒されたり慢性的な抑うつ状態に陥りがちになる…そんな性格です(T_T)

なお抑うつ的な自己愛性人格は複数の精神分析家により、重症化すれば回避性人格障害(回避性パーソナリティ障害)となる回避性人格との類似性が指摘されています。

抑うつ型自己愛性人格の心理カウンセラーの自己分析・自己治療の記録という別のブログには、タイトルどおり抑うつ的な自己愛性人格の自己分析をふんだんに載せてあります。
隠れ自己愛?に興味のある方は是非ご覧ください。

ドラゴン桜 DVD・主題歌・サントラCD・原作マンガほか

回避性人格障害(抑うつ型自己愛性人格障害)原因・治療・診断ガイド本


NHK「青春リアル」のFUCHIKOさん@夢日記の夢の夢分析。

夢分析:

自己愛性人格障害の疑い

実はこの夢に出てきた社長さんのことを、様々な理由から内心では自己愛の強い、もっといえば自己愛性人格障害の疑いさえ抱いていました。

自己愛性人格障害の偏見への気づき

しかしこの夢を見た後簡単に自由連想してみますと、夢の中と同様にその社長さんは社員の方や私に対して質問には何でも答えてくれて、しかもそれは例えば「そんなことも分からないのか」と相手を蔑むような態度を伴ったものではなかったことが思い出されました。

夢は引きこもりの生活を送るFUCHIKOさんという、その社長さんなら確実に軽蔑するような人の質問にも丁寧に答える様子を通して、社長さんに対する自己愛性人格障害との見方が偏見に過ぎない可能性に気づきを与えてくれました。

偏見の恐ろしさ

しかし偏見とは恐ろしいものです。この夢を見るまで私には、社長さんが社員の方の質問に何でも答えている様子を見ても「質問に答えることで自分の方が知識があるとの自己愛的な満足感を得るための行為」としか解釈できませんでした。
一旦「自己愛性人格障害」という見方が定着してしまいますと、明らかに偏見としか思えないようなことまで「自己愛性人格障害の表れ」としか知覚できなくなります。

よく「心理テストは自分の性格を知るために使うべきもので、間違っても他人の性格を知るために使うべきではない」ということが言われますが、これもおそらく上述の他人への偏見を助長する危険性を危惧してのことなのでしょう。

偏見の心理ガイド本

このページの上部へ

プロフィール

心理カウンセラー・夢分析家・写真家
保有資格:
産業カウンセラー
米国NLP協会TM認定NLPマスタープラクティショナー
プロフィール詳細

サイト内検索

最近のピクチャ

  • 夜の公園のゾウ