hp_yume_header.jpg


人格障害 一覧

人格障害の定義


このブログにおける人格障害の定義について述べさせていただきます。

人格障害のイメージ:

一般的に人格障害(パーソナリティ障害)には、境界性人格障害のように自傷・多傷行為を伴うなどの「とても危険な」イメージがあるように思われますが、このブログでは人格障害という用語をそれとはかなり異なる意味で使っています。

性格要因としての人格障害:

精神疾患のタイプは二つに大別することができます。一つは、ある心的外傷体験*(およびその継続)が主な原因で起こる精神疾患(状況要因タイプ)。もう一つは、主としてその方の人格(性格)が原因で起こる精神疾患(性格要因タイプ)です。

このブログでの人格障害は、後者の性格要因タイプの精神疾患であることを示すために使われています。そのためこのブログでの人格障害は、必ずしも重度の精神疾患を表すわけではありません。単に「人格の特徴が生活の障害となっている」ことを示すに過ぎません。

*ここでの心的外傷体験には、心的外傷後ストレス障害(PTSD)よりも広義の「心に傷を負わせる可能性のある、あらゆる体験」を含みます。

各病理水準の人格障害の名称:

そこで病理水準を示す必要がある場合には、次のように人格障害を使い分けています。

統合失調症水準の人格障害

もっとも重度の人格障害で、診断名としての(以前の精神分裂病)がこれにあたります。

境界性(ボーダーライン)水準の人格障害

統合失調症水準と神経症水準との間の病理水準の人格障害で、DSM-4の各人格障害にあたります。おそらくこれが一般的に知られている人格障害のレベルに近いと思います。

神経症水準の人格障害

以前に神経症と呼ばれていた水準の人格障害です。

健常水準の人格障害

健常レベルの方を「人格障害」と定義するのはおかしいかもしれませんが、「(病院での診断や心理療法が必要なレベルではないにしても)その方の人格の特徴が何らかの形で生活の障害になっている」とすれば、このような区分も可能だと思います。

※人格障害の区分は「パーソナリティ障害の診断と治療」での区分法を参考にしています。

境界性(ボーダーライン)については、これを病理水準ではなく「一つの人格タイプ」とする考え方もあります。DSM-4においても後者の考え方が採用されており、境界性人格障害と呼ばれています。


2006/10/23の夢日記:

反社会性人格障害に関する2冊の本が出版される。いずれも白地に黄色の帯の入ったシンプルな装丁。
出版に合わせて著者による講演会も開かれるようだ。

夢の素材:

白地に黄色の帯

ソフトバンクを連想。四谷治療院(整体)に行く途中に「ソフトバンクIDC」という会社があり、その会社のブランドロゴの「白地に黄色の帯」が妙に気になっていました。

余談ですが「予想外の動き」メディアで盛んに使われていますね。果たして流行語になるのでしょうか?

反社会性人格障害

前日の夜、放送大学の「21世紀の社会学」の中でエーリッヒ・フロム社会学者*として紹介されていました。今までずっとフロムは心理学者とばかり勘違いしていました^^;
夢とは「社会」しか合っていませんが…

Amazonで調べてみるとフロムには「悪について」「破壊 - 人間性の解剖」といった著書もあるので、ひょっとし反社会性人格障害に関する記述もあるのかもしれません。いずれにしても読んだことがないので何とも言えませんが…

*メディアによっては社会心理学者と紹介されることもあるようです。

平気で他人の心を踏みにじる人々―反社会性人格障害とは何か


2006/10/21の夢日記:

駅前の道を歩いていると角刈り男にいきなり身柄を拘束される(@o@;)
その場で、布で後ろ手に縛られ取調室で取調べ…
ところが、ちゃんと縛れてないので簡単に解ける。しかしこれは罠のような気がする。逃げたら今度は逃亡罪の罪を着せられるに違いない…

夢分析:

角刈り男

痩せた体型や髪型から「高校の担任」を連想。もっとも、角刈りというよりも髪が薄くなって、むしろ「丸坊主」に近い感じですが…

私はこの担任に目を付けられていました。
通常はドラマなどに見られるように、何か問題が起こると「不良の生徒」がやり玉に挙げられることが多いものですが、この担任にかかると矛先はいつも私でした。
教室でお金がなくなった時も、いきなりホームルームで「犯人は○○(私)に似ているらしいぞ」と言われビックリしました。なぜなら私には明らかにアリバイがあったからです。
おそらくこの担任は、私を何とかして貶めたり人前で恥をかかせたりしたくて仕方がなかったのでしょう。

実は最近も同じような目に遭いました…
心理カウンセリングの勉強会の席で、指導者の方からあることで叱責されました。それは私に非があることでしたので言われたことについては納得しましたが、あくまで私の個人的な事柄で、わざわざ「他の学習者の前で」話す必要のないことでした。
もう「恥ずかしさ」と「惨めさ」で気が遠くなりそうでした(@o@;)

後で振り返ると、まるで「俺の言うことを聞かないと、お前らも同じような目に遭わせるぞ」と見せしめにされたような気がしました。

自己分析:

マゾヒスティック(自虐的)人格傾向

高校時代といい今回のことといい、また学生時代に「たびたび虐められてきた」ことを考え合わせると、どうも私は「他人から虐められ支配される、他人を支配するための道具として利用される」といったことを繰り返してきたようです。

パーソナリティ障害の診断と治療』によると、このような性格の方はマゾヒスティック(自虐的)人格と呼ばれるようです。
マゾヒスティック(自虐的)人格の方は、他人の中のサディスティックな傾向を助長してしまうそうです。

初めて「マゾヒスティック(自虐的)人格」を自覚

今まで自分の中の「自己愛性人格」「シゾイド(分裂病質)人格」「強迫性人格」の側面については自覚していたのですが、マゾヒスティック(自虐的)人格の傾向も相当強いことを、今回の夢分析・自己分析を通じて初めて知りました☆

そういえば子供の頃にもマゾヒスティック(自虐的)人格を思わせる出来事がありました。
幼稚園、あるいは小学校に上がったばかりの冬のある日、母にアイスを買ってもらって一緒に親戚の家に遊びにいきました。親戚の家はアパートの5階にあり、上まで上って地面を見下ろした時、私は突然「ねぇ、ここからアイス落としたらどうなると思う?」と言いました。最初は気にも止めなった母でしたが、私がしつこく尋ねるので仕舞いには怒り出してしまいました。

今まで、何でわざわざ叱られるようなことをしたのかと不思議でならなかったのですが、やっと謎が解けました☆
それにしてもマゾヒスティック(自虐的)人格とは、損な性格です(T_T)

マゾヒスティック(自虐的)人格の解説本

関連夢占い:
夢占い:髪の夢・髪を切る夢・髪の毛が抜ける夢
夢占い 知らない人の夢の意味

このページの上部へ

プロフィール

心理カウンセラー・夢分析家・写真家
保有資格:
産業カウンセラー
米国NLP協会TM認定NLPマスタープラクティショナー
プロフィール詳細

サイト内検索

最近のピクチャ

  • 夜の公園のゾウ