hp_yume_header.jpg


フォーカシング 一覧


ユング命でスタート:

ボクはブログを始めた当初からHNを「カフェの住人(ユング命)」と、カッコ書きで『ユング命』と付けてきました。それだけユング心理学に心酔していたわけですが、(非力ながら)夢分析・心理カウンセリングの仕事を始めてからは少し様相が違ってきました。

ジェンドリンへ傾倒:

夢カウンセラーの養成コースを卒業して、独学でカウンセリングの勉強をしているうちに、ユージン・ジェンドリンの『フォーカシング指向心理療法』という考え方に惹かれていきました。

フォーカシング指向心理療法とは、あらゆる心理療法(したがって、ユング心理学もフォーカシングも含まれます)を「クライエント中心療法」の観点から、簡単に試せるように小さく分解して用いて、なおかつ気が進まなければクライエントがその提案を楽に断ることができるように、言い回しに工夫を凝らしていくような心理療法です。

フォーカシング指向心理療法の考え方は、「工夫こそ我が人生」のボクの性格にピッタリでした♪
また実際に夢分析・心理カウンセリングに用いたところ、効果は絶大でした★

自分の夢を分析していた頃は、元型的に夢を解釈して一人悦に入っていてもそれで良かったのですが、セルフヘルプの援助にせよ治療にせよ、プロとしてお金をいただく以上は「結果」を出さなければなりませんし、その結果が「喜び」にもつながります。

関連ページ:クライエント中心療法的な夢分析

ユング命→ジェンドリン命:

ジェンドリンの「フォーカシング指向心理療法」は
1. ボクの性格(工夫こそ我が命)に合っている。
2. 治療上、極めて有効。
3. 他の心理療法と対立しない。
4. ボクの信条である「クライエント中心」の精神に適っている。
などの理由から、今では夢分析・心理カウンセリングの中心的な位置を占めています。

したがって、このブログのHNも次のように変えることと相成りました。
カフェの住人(ユング→ジェンドリン命)←長っw

※ユング心理学は、夢分析・心理カウンセリングの役に立たないわけではありません。事実、ボクは今でも部分的に利用しています。
批判しているのは「何でも元型的に解釈する」当時のボクの態度についてです。(意外に思われるかもしれませんが)ユング自身は治療に際して、そのような過ちは決して犯さない人でした☆

関連ページ:ユングの夢分析の実際

ユージン・ジェンドリンの著書
ユング心理学の本

「貰いゲロ」の記憶(@_@;)

ジョナサン。隣の女子が急にトイレに駆け込む。「さては、気持ち悪くなったのか?」との連想がはたらく。瞬時に、子供の頃の嫌な体験が蘇る…
あれは確か小学校2年の時のこと。クラスの男子が給食時間にゲロを吐く。それを見たボクも一緒に気持ち悪くなり貰いゲロ(@o@;)

これって共感?

さっそく、フォーカシング♪ 目を閉じて、「嫌な感じ」に意識を向ける。
「そうか。あの時君は、男の子に付き合って一緒に気持ち悪くなっちゃったんだね…」
突然、「ひょっとして、これって共感?」と思う。じゃあ、共感できるんじゃん☆
う~ん、どうなんだろう。なんか、都合よくねぇか?
迷った時は体で確かめてみよ~♪

………まだまだ…………むむむむっ(テレパシーのつもりw)……………(@_@;)………………
何も起きません…青筋だけは立ちましたが^^;

しぶとく、フォーカシング:

でも「嫌な感じ」は無くなりました。と言うより、消えてしまったと言うべきか。未練がましく、もうちょっとフォーカシング^^;

貞子の念写がぁ~(@o@;)

身体感覚:あれ? 目の奥が、なんか波打ってるぞ。「波打ってる感じ」に意識を向け続ける…

→イメージ:あれ~? 新聞の活字が泳いでる…それに紙袋被った人も見える…って、貞子の念写じゃん! 貞子に念写されたぁ~…死ぬぅ~、絶対死ぬぅ~(@o@;)

(騒いで疲れたのか、落ち着きを取り戻すw)
→聴覚:「カタカタ」と、どこからともなく音が聞こえる。しばらく耳を澄ます…

インディアンな龍:

→イメージ:押入れの戸がカタカタと動いてる。誰かな?←呑気
戸が開いて、中から『呪怨』の色白な子供が…「あっ、どうも」←挨拶は大事
続いて、上半身はNHK『高校講座 世界史』で見た、昔の欧米人から見たインディアンのイメージ(大人でマッチョな河童、って感じw)、下半身は龍の怪物。要するに、インディアンな龍!
「インディアンな龍」はそのまま外へ出て、空中を縦に波打ちながら去って行った…

フォーカシングを振り返る:

翌日、一連のフォーカシングを振り返る(昨日は「貞子の念写」でエネルギーを使い過ぎたw)。現れたイメージは、どれも「既に知っているもの」ばかりだ。
しかし、一つだけ例外がある。「インディアンな龍」だ! インディアンと龍を合体させたことだけはオリジナル(未知)な気がする。
どうやら、「インディアンな龍」が今回のフォーカシングのキモのようだ。

「インディアンな龍」になってみる:

さっそく、イメージの中で「インディアンな龍」になってみる(ゲシュタルト療法)。これが一番「インディアンな龍」を感じる一番の方法だと思ったので。

もう一度、押入れから出てくるところから想像してみます…
あれっ? 昨日はそのまま外へ出てったのに、今日はボクの前で止まりました。微動だにしません。おかげで、じっくりと観察することが出来ました。

上半身の「インディアン」は、どこか古代エジプト文明の像を思わせます。あっ、それにインディアンの目は以前、スターバックスうたた寝した時に見た夢に出てきた人面岩の目にそっくりです!
下半身の「龍」の方は、お腹の辺りが何とも触り心地良さそう☆ ちょっと失礼…スリスリw
「クゥ~クゥ~」メチャメチャ喜んでます♪

そうか…君は今までずぅ~っと、こうしてお腹を撫でて欲しかったんだね…
後ろに回って、今度は背中を撫でてあげます。

→連想:昔、実家で飼っていた愛犬の「くん太*」のことを思い出しました。くん太は、よく背中を向けて、ボクに「撫でろ」と催促します。撫でてあげると実に満足そうです(想像)。しっぽの付け根辺りを撫でると、ビクッと立ち上がります。性感帯なんでしょうか?(爆)
心(体?)の中を、何か暖かいものが流れて行くのを感じます…

あれ? 「インディアンな龍」になってみるハズが、アクティブ・イマジネーションになっちゃった。まぁ、いっかw

*くん太~当時の地元のテレビ局HTBの初代マスコットの名前。弟が命名。ちなみに「熊のぬいぐるみ」。ミーシャくんの方が全然かわいいけどねw

「くん太」関連ページ:

はてなダイアリー - HTBとは
北海道テレビ放送 - Wikipedia

「貞子」つながり:

貞子に羽交い締め…@夢分析
木村多江さん、かわいそ~(涙)→貞子な夢

「呪怨」つながり:

不吉だ@怪奇大家族:ナチュラル睡眠プロジェクト
小ネタです^^;

※文中の「インディアン」は、決して差別用語ではありません。詳しくは、以下のページをご参照下さいませ。
アメリカ先住民族の呼称(ネイティブ・アメリカンとアメリカ・インディアン)

「フォーカシング」関連ページ:

フォーカシング指向心理療法 >>

フォーカシング指向心理療法〈上〉体験過程を促す聴き方/ユージン・T. ジェンドリン著
今、ちょうど読んでます。カウンセラー向き。フォーカシングは技法じゃない! と納得の一冊☆

リング コンプリートBOXほか、リングDVD
リング原作本・脚本集
リング サントラCD

死の夢 関連日記:

夢占い:死の夢
夢占い:自分が死ぬ夢・人が死ぬ夢・ペットが死ぬ夢

このページの上部へ

プロフィール

心理カウンセラー・夢分析家・写真家
保有資格:
産業カウンセラー
米国NLP協会TM認定NLPマスタープラクティショナー
プロフィール詳細

サイト内検索

最近のピクチャ

  • 夜の公園のゾウ