hp_yume_header.jpg


クライエント中心療法 一覧


『カール・ロジャーズ入門』を読んでいて、次の一節に釘付けになりました。

ロジャーズの非指示的アプローチは次の三段階で構成されていました。
(1)表現の解放~「ええ」「はい」といった「簡単な受容」やクライエントが語ったことの(内容にでなく)感情的な要素を繰り返す「感情の反射」を行う。
(2)洞察の達成~クライエントが自分自身を受け入れ、自分の感情や自分に関わる事実をハッキリと認識できるようになると、バラバラだった事実と感情とを結び付け始める。
(3)洞察から生まれる肯定的な行動~クライエントが自分の感情や行動について洞察を得ると、そこから意味のある行動の変化が生まれる。(P.73)

カウンセラーの提案による洞察:

特に、最後の「意味のある行動の変化」の部分です。

ドリームカウンセラーのトレーニングを受けていた頃に感じたことがあります。カウンセラーの(指示ではなく、あくまで)提案に沿ってカウンセリングが進んで行くのですが、最後に何がしかの洞察があっても、残念ながらそこから意味のある行動の変化に繋がることは、ほとんどありませんでした。
そして、そのことが不思議でなりませんでした。「あの時の体験はウソだったのか!?」と。

逆にカウンセラー役をしている時には、次々と提案して行く中で、「自分がカウンセリングをリードしている。」ように思え、それはとても気分の良いものでした。

もちろん「提案」は強制ではありませんので、クライエントにはそれを断る自由があります。しかし実際は、クライエント役をしていてカウンセラー役の提案を断ることはほとんで不可能でした!

当時は、これは自分の個人的な問題で、「自我が弱いがために抵抗が働く」のだと思っていました。しかし、上述のロジャーズの理論に触れると、理由はそれだけではないと思えてきます。

ランクの影響:

カウンセラーとクライエントとの間には、暗黙に「専門家」と「そうではない人」というランク*の違いが存在します。カウンセラーとクライエントとは、最初から対等ではないのです!
このことも、(ランクが上の)カウンセラーの提案をクライエントが断るのを難しくさせているのでしょう。

*ランク

対人関係に於いて(無意識のうちに)形成される、目に見えない上下関係。

「偽りの洞察」の可能性:

そのような時、(満足気なカウンセラーを前にして)クライエントの中に「カウンセラーの気分を害したくない」「その場の雰囲気を壊したくない」などの気持ちが無意識に働き(偽りとは言わないまでも)極めて表面的な洞察が形成されるのかも知れません。

私のクライエント役の経験では、ついついカウンセラーに気を使って、思ってもいないことに同意してしまったことが幾度となくありました。
そのような時の私は、多少当惑しながら「ええ、まあ」「そう…ですね」と歯切れの悪い答え方をしていました。

一方、カウンセラー役の時は、クライエントが取りあえず同意してくれたのを見てホッと胸を撫で下ろしたのを覚えています。

ここまで来ると、「一体、誰のためのカウンセリング?」ですよねw

「クライエント中心療法」関連ページ

フォーカシング指向心理療法 >>

*********************************************
カール・ロジャーズ入門―自分が“自分”になるということ
*********************************************
紛争の心理学―融合の炎のワーク
第3章にランクに関する考察があります。著者はプロセス指向心理学の創始者、アーノルド ミンデル。
*********************************************


3月に卒業したドリームカウンセラー養成講座のフォローアップに出席しました。
前半に学んだことは以下の通り。

夢分析の判定基準:

1. 夢見手(クライエント)の「あっ、そうか!」体験

分析家の解釈はすべて、分析家自身の心の投影に過ぎない。したがって、夢見手(クライエント)が腑に落ちるか否かが判定基準となる。

2. (その後の)夢の変化

夢見手(クライエント)が適切に夢の意味を理解すれば、夢が変化(成長)して行き、同じような夢は見なくなる。これは、1の「あっ、そうか!」体験が得られなかった場合には特に有効な判定基準となる。

3. 夢見手(クライエント)の変化

同じく夢見手(クライエント)が適切に夢の意味を理解すれば、夢見手の内的側面(心)および外的側面(夢見手を取り巻く環境や出来事)に変化が生じる。

分析家の態度:

「無知」の態度

謙虚さ、状況に対して開かれていること。
分析家は、夢については何も知らない。したがって、解釈ではなく「質問」が行われるはずである。
※厳密には質問の時点で、既に分析家の興味・関心が反映されているが、これは避けようがない。

コピーライト:江夏心の健康相談室。許可なく複製を禁ず。

今回学んだ「クライエント中心」の考え方は、後日体験した「夢見手(クライエント)自身による夢分析」により、さらに重要性が増しました。

ナラティブセラピー編に続く >>

クライエント中心療法関連ページ

フォーカシング指向心理療法 >>

*********************************************
カール・ロジャーズ
クライエント中心療法の提唱者、カール・ロジャーズの生涯と理論、カウンセリングの実際まで、全てがわかる入門書。
*********************************************


ある方(夢見手)からのトラックバック。以前に私がトラックバックした記事「生還@死の夢」に対するものです。
さっそく拝見すると、どうやらご自身で夢分析なさった様子。

まず始めに、プロセスが複数の記事に跨がっているため整理します。

夢見手の夢の記事
 ↓
その夢からの私の連想
 ↓
夢見手自身による夢分析

夢見手(クライエント)に起こったプロセス:

夢見手はある大変大きな決断をし、そのことが一月後に迫っていた頃に気になる夢を見る。
そして漠然と夢の意味を考えていたところへ、私の記事がトラックバックされた。その中の “たった一つの” キーワード「象徴的な死」から、夢見手の連想に火がつく。
夢見手は、“誰に頼ることなく” 連想を膨らませて行き、とうとう核心にたどり着く!

夢見手(クライエント)中心療法の大切さ:

夢見手の分析プロセスは、これまで私が幾度となく見てきた「対面での」夢分析のプロセスそのものです。
それを驚くべきことに夢見手は、ほぼ独力で行っています。私の記事が引き金になったとはいえ、それとてアドバイスと呼べる代物ではなく、単に私の “個人的連想” を綴ったものに過ぎません。
「自己治癒力」という言葉がありますが私にとっては、そんな在り来たりの言葉で語れないほどの(畏敬の念とさえ言える)衝撃を受けました。

私は常々、夢見手(クライエント)中心であることにこだわってきましたが、それが単なる理念ではなく「現実のプロセス」として起こったのを見たのは、おそらくこれが初めてです。
もし私が心理学者であったならば論文に取り上げたであろう、ヒデキならずとも感激! の出来事なのです。

今回の夢見手に起こったプロセスは、改めて「クライエント中心療法」の大切さを教えてくれました。

クライエント中心療法関連ページ

フォーカシング指向心理療法 >>

*********************************************
カール・ロジャーズ入門―自分が“自分”になるということ/諸富祥彦著
クライエント中心療法の入門書。
著者のリスペクト(愛)がたっぷり詰まってます。その情熱が、この本を魅力的にしています。
*********************************************
パーソンセンタード・カウンセリングの実際―ロジャーズのアプローチの新たな展開
クライエント中心療法の最新成果。かなり実践的。
コア・セラピーのくだりには「カウンセリングの本質」のようなものを感じました。お勧め!
*********************************************

このページの上部へ

プロフィール

心理カウンセラー・夢分析家・写真家
保有資格:
産業カウンセラー
米国NLP協会TM認定NLPマスタープラクティショナー
プロフィール詳細

サイト内検索

最近のピクチャ

  • 夜の公園のゾウ