hp_yume_header.jpg


心理学・心理療法 一覧


人間関係の心理カウンセリングの難しさ@夢分析 目次:

夢分析
心理カウンセリングのスタイルの変化
人間関係の心理カウンセリングの難しさ…
心理カウンセリングの範囲と責任の拡大


精神分析理論のリビドーの象徴☆夢日記の夢の夢分析。

夢分析:

心理カウンセリングのスタイルの変化

今でも夢の内容から連想されたような精神分析の本を読むことが多いことに変わりはありませんが、その精神分析の理論もフロイトの時代から比べますと、現実の人間関係(ex.間主観性心理学)や社会的な影響(ex.社会構成主義)を考慮するように大きく変化して来ています。

その影響もあってか私自身の心理カウンセリングのスタイルも、クライエントさんの心の中の現実だけでなく実際の人間関係やクライエントさんの置かれている社会的環境をも考慮する、というよりも考慮せざるを得なくなってきているのが実情です。

ただそのように心理カウンセリングで考慮する領域が広がりますと、当然ながら心理カウンセラーが関与する領域や責任の範囲も拡大しがちになります。



人間関係の心理カウンセリングの難しさ…

これまでの心理カウンセリングの多くは、クライエントさんの話の内容を本当のところは何も分からない部外者としてそのまま事実(心的事実)として受け止めることで対処可能でした。

しかし最近の相談内容の多くには(クライエントさんの話を聞く限りでは)むしろ人間関係の相手方に明らかに心理的な問題があるように思えるケースも見られるようになって来ました。

この場合もし本当に相手の方により多くの心理的な問題があると致しますと、いくらクライエントさんの心理カウンセリングを行ってもその効果は限定的なものにならざるを得ません。
せいぜいできることはクライエントさんにリラクゼーション法やアサーション・トレーニング(自己主張訓練)を行ってもらい、少しでも精神的なストレスを緩和することでしょうか。

むしろこのような場合は相手の方の心理カウンセリングを行えば良いのかもしれませんが、それも簡単なことではありませんし、そもそも本当に必要なことなのかの判断も簡単にはできそうにありません。



心理カウンセリングの範囲と責任の拡大

いずれに致しましてもこの先、個人開業での心理カウンセリングの範疇を超えた相談が増えてくることが予想されますので、もっか家族療法産業カウンセリング(メンタルヘルス対策)の勉強を進めている次第です。

ただ心理カウンセリングの範囲と同時に責任も増えることが予想され、そうなりますと個人開業の心理カウンセラーが果たしてどこまで責任を負えるものなのか、あるいは負って良いものなのかという問題も生じます。

そのため周囲の環境調整が必要となるようなクライエントさんの心理カウンセリングについて、近々スーパーバイザーに相談しようと考えています。

人間関係の悩みのカウンセリングの仕方ガイド本☆


プチうつ:

録画していた日本テレビ「先端研」を見る。今回のテーマは『プチうつ』
「プチうつ」とは、「うつ病」の初期段階のことで、「憂うつな気分」などが1ヶ月以上続く症状を指す。「軽うつ」と呼ばれることも。

最初に「プチうつ」診断テスト。続いて「プチうつ」の治療のため、心療内科に通っている方々へのインタビュー。この辺りから番組の主旨が、なぜか「プチうつ」から「心療内科の実態」へと移って行く…

これが心療内科の実態(@_@;)

ボクの心療内科に対するイメージは、心理カウンセリング同様「まず、患者さんの話をよく聞き(傾聴)、どうしても必要な時には薬も処方する」、つまり「薬を処方することも出来る心理カウンセリング」だった。

ところが番組で紹介された心療内科の実態は「いわゆる3分診療で、ろくに話も聞かずに薬を処方するばかり」というものだった……ショック…これじゃ、従来の精神科から心療内科に名称が変わっただけじゃないか…

こっそりと録音されたテープには、「話を聞いて欲しい患者さん」と、「話を無視して、薬の量を増やして解決を図ろうとする医師」との診療中の会話が記録されていた。
副作用があるはずなのに、意図も簡単に薬の量を増やす医師のことが恐ろしくなった…まさか、ロボットじゃないですよねw

偽薬が処方されることも…

実はボクも、10年ほど前にトイレに関わるパニック障害で(「うつ病」の症状もあったと思います)、心療内科ではありませんが病院の診療を受けていたことがあります。「例えば電車の中など、直ぐにはトイレに行けない状況になると途端にトイレに行きたくなる」という症状です。
その時も、半分お説教に近いようなアドバイスと偽薬(←実はビタミン剤だった! おかげで副作用はありませんでしたがw)による治療でした。

そもそもボクには、「薬で『心の病』が治る」という理屈が理解できませんでした。1年通院しても一向に治らないので病院へ行くのはやめて、元々興味があった心理学のワークショップなどに参加するようになってから徐々に症状が改善していきました☆

※ちゃんと話を聞いてくれる心療内科もあるはずです、多分…

やっぱり傾聴☆

ボクは、カウンセリングの場で傾聴(患者さんのお話を聞いて(内容ではなく)気持ちを伝え返すこと)の大切に気づかされて、それまでのやり方(技法中心のカウンセリング)から傾聴中心に切り替えたんだけど、「やっぱり傾聴って大切なんだ☆」と、今回の先端研『プチうつ』の心療内科の実態を見て改めて思いました^^☆

「傾聴」関連ページ:

傾聴によるメールカウンセリングの効果@フォーカシング指向心理療法

プチうつ 関連本

山田ズーニーさんのワークショップに出席:

山田ズーニーさんのワークショップ「考えるシート出版記念:自分の想いを表現する」に行って来ました。
山田ズーニーさんを知ったのは、NHK「日本語なるほど塾」に出演されていたのを拝見した時です。
その時の山田ズーニーさんの印象は、「品の良さ」と「のほほん」を合わせ持つ面白い方でした。

それから暫くして紀伊国屋書店で偶然、山田ズーニーさんのワークショップがあることを知り、面白い方だし料金も手頃だったので参加してみました。

ワークショップ前の緊張:

会場の紀伊国屋ホールに向かう直前、急に緊張し出しました。最近は初めてのワークショップでも緊張することもなく、自己紹介なども落ち着いて出来ていたので、この緊張は以外でした。
緊張に少し意識を向けてみます。ドキドキ一歩手前と行った所です。また、緊張に翻弄されているわけではなく、さほど嫌な感じでもないことを確認して会場に入ります。

紀伊国屋ホールに入るのは今回が初めてで、こんな所でワークショップが出来るのだろうか? と不安に思います。

テレビとは違った印象の山田ズーニーさん:

いよいよ、山田ズーニーさん登場。あれ? 結構派手。それに「日本語なるほど塾」の時とは違い、凄く力強さを感じました。

プロセス指向心理学との意外な接点:

ワークショップに先立ち、理論的な説明がありました。テーマは「伝わる」と「伝わらない」との違い。
山田ズーニーさん御自身の経験から導き出された結論は「表現」と「その人」との一致。
ん? これはプロセス指向心理学の考えに近いのではないでしょうか?

この場合、「言葉の表現」=一次プロセス、「言葉以外の表現(仕草、表情、声のトーンなど)」=二次プロセス、です。

「力強さ」=「腹」:

プロセス指向心理学に考えが及んだせいでしょうか、今度は山田ズーニーさんの仕草に注意が向き始めます。
プロセスが一致していた為か違和感は感じませんでした。中でも印象的だったのは、根本思想(価値観など)の話をされている時に、山田ズーニーさんが盛んにお腹を力強く叩く仕草でした。
センタリングという心理療法がありますが、大事なことは「体の中心(センター)=腹」と繋がっているのだと改めて実感しました。

「力強さ」というキーワードは、最近私が行った摂食障害のナラティブセラピーの主要なテーマで、セラピーが終わってからも暫くの間、腹の底にズシンと響き渡っていたのを覚えています。

ワークショップ開始:

いよいよ、ワークショップ開始。最初に「インタビューワーク」と呼ばれる、聞き手が質問する形で心を掘り下げて行くワークを行い、続いて「号令ゲーム」、最後に「自己紹介」を行いました。

ゼロ票…

自己紹介を終えた後に、「誰の自己紹介が一番心に伝わったか?」の投票が行われ、結果私はゼロ票…少なからずショックを受けました。
後で振り返ると、私の自己紹介には最初から「聞いて欲しい」という気持ちが欠けていました。これでは「独り言」です。
原因を探ってみると、どうやらインタビューワーク、特に「聞き手役」で力を使い果たして、集中力を失ってしまったようです。

インタビューワークは、それぞれの立場で30分ずつ行いましたので計1時間。1時間 “真剣に” 心と向き合うのは、私にとって大変な労力です。
そう考えるとゼロ票も致し方ないと思う半面、もし自分がファシリテートする立場になったとしたら、まだまだ心の体力がないと痛感しました。

夢占い・夢診断・夢分析のご案内 >>

*********************************************
考えるシート/山田ズーニー著
サイン本、GETさせていただきました☆
*********************************************
あなたの話はなぜ「通じない」のか/山田ズーニー著
今回のワークショップのテーマでした。
*********************************************
伝わる・揺さぶる!文章を書く/山田ズーニー著
*********************************************
日本語なるほど塾 (2005年4/5月)/山田ズーニー他
これは、NHKのテキストの範疇じゃないレベル!!
*********************************************
センタリング・ブック―心と体の中心を育てる/ゲイ・ヘンドリックス著
*********************************************

このページの上部へ

プロフィール

心理カウンセラー・夢分析家・写真家
保有資格:
産業カウンセラー
米国NLP協会TM認定NLPマスタープラクティショナー
プロフィール詳細

サイト内検索

最近のピクチャ

  • 夜の公園のゾウ