hp_yume_header.jpg


ユング・河合隼雄 一覧


今回はフロイトの精神分析とユングの分析心理学とでの、夢分析の仕方の大まかな違いについて書かせていただきます。

フロイトの精神分析による夢分析の仕方

私はフロイトの夢分析の事例を直接読んだことはありませんが、ユングがその方法に批判的検討を加えていることから、今回はそのユングが示した夢分析の方法をフロイトが実際に行っていたものと仮定して紹介させていただきます。

ユングによればフロイトは精神分析の治療に用いていた自由連想法を、夢分析にも適用していたようです。
なお自由連想法とは、心に思い浮かぶままに次々と連想を働かせていく方法です。

この方法によって夢の内容から連想されることに想いを巡らせ続けると、やがて夢見手の日常の重要な出来事や性格傾向などに辿り着き、その明らかになった個人的な内容を、夢に隠されていた無意識的な意味と判断する。
これがユングによればフロイトが精神分析のセッションの中で行っていた夢分析の方法のようです。

余談ですがこのフロイト的な夢分析の方法は私自身も過去に試しており、その時の連想内容を自己分析のサイトに掲載しております。
こちらをご覧いただけますと、夢の内容から夢見手の個人的な心理に繋がって行く様子がお分かりいただけると思います。
自由連想法による夢分析

ユングの分析心理学による夢分析の仕方~拡充法

一方ユングはこのフロイト的な夢分析の仕方では、夢が持つ本来の意味からどんどん離れて行ってしまうと考え、夢見手の連想に頼ることなく、夢そのものの意味を明らかにするべきだと考えました。
そしてここでの夢そのものの意味を解き明かすツールが、ユング心理学の代名詞とも言える元型の概念です。

元型とは、個人を超えた集合的・普遍的な無意識の領域を説明する概念であることから、ユングが夢の意味として、フロイトが想定した夢見手の個人的無意識ではなく、元型と呼ばれるこの世界全体を支配する目に見えない普遍的な力(あるいは作用)の表れと考えていたことが想定できます。
またこのように夢の内容に隠された元型の働きを探る夢分析の方法は拡充法と呼ばれています。

最後に、ではフロイトとユングのどちらの見解が正しいのかという話についてですが、これについては心というものが、そもそも物質のように客観的に測定ができない極めて主観的なものですので確かめようがありません。

ですから実用上はどちらの見解(仮説)が心理臨床でより役立つのかという観点から選択されることになり、例えば私の「クライエント個人の主体性を重んじる」臨床スタイルからは、夢の意味をフロイトが想定する個人的無意識と考えた方が役立つことが多いので、元型の探求ではなく、クライエント(夢見手)本人の連想の方を重視するスタイルとなるということです。


ユング心理学入門/河合隼雄著 第4章「コンプレックス」(P.67~88)を読む。

同一視→同性愛:

…普通人であっても、多少ともそのコンプレックスと同一視を行っているものであって、その好例としては、男性であればその父親に、女性であればその母親によく似た考え方や行動をしていることが多い事実が上げられる。 …この極端な場合として、同性愛に陥ることさえ考えることができるだろう。(P.72~73)

果たして、「同性愛=病理」と断定してしまって良いのでしょうか? ボクには分かりません。
同一視の対象が「異性の親」の場合は、いわゆる「ファザコン」「マザコン」ということになるのでしょうか? 「冬彦さん」…懐かしいw
「同性の親」への同一視は、異性の親」への同一視と違い、社会や親が容認(もっと言えば推奨)している分、表面化しづらく厄介と言えるでしょう。

「同性愛」で一つ思い出しました。(理由は忘れましたが)高校生の頃に弟が隣に寝たことがあって(布団は別)、その時不意にドキドキ感が襲って来て自分でもビックリしました(カミングアウト?)。
その際、自分の立てる呼吸音や唾を呑み込む音が(弟に聞こえるのではないかと)気になって仕方がありませんでした。
その後も、講演などですぐ隣に人が座ると度々(男女関係なく)上述のドキドキ感が襲って来て、息苦しくなったのを覚えています。

「母なるもの」への同一視:

…ある個人の個人的経験としての実際の母親、あるいは母親像を越えて、いわば「母なるもの」とでも呼べるような普遍的な存在を問題としようとするのである。(P.73)

これは、「集合的(普遍的)無意識」への同一視についての記述です。
以前、「子供の頃一番最初に見た夢」の夢分析の際に、「母なるもの」として聖母マリア様が現れたことがあります。
それは、無意識の世界へとボクを誘うアニマ像でした。

*********************************************
ホモセクシャルの世界史
*********************************************
ユング心理学入門/河合隼雄著
*********************************************


言語連想検査とは?

言語連想検査とは、ある言語からの反応を測定することにより、コンプレックスを明らかにしようとする検査で、ユングにより編み出された。

言語連想検査の手順:

1. クライアントに、ある言語から連想する言葉を一つずつ挙げていってもらう(全部で100問)。
2. クライアントの反応語と反応時間を記録する。
3. 再度クライアントに、今度は「最初に連想した言葉」を答えていってもらう。
4. 反応時間、及び覚えている時は「+」、忘れている時は「-」、違った言葉を言った時はその言葉を記入していく。

実録「言語連想検査」:

やってみました、P.66の言語連想検査!
全部で100問もあるので、「コンプレックスと関係がある」と思えるものだけピックアップします。

「歌う」「踊る」「泳ぐ」「旅行」「子供」

連想:苦手
これは、『劣等感コンプレックス』そのものですね。

「支払う」

連想:大変w
反応に時間がかかりました。フリーランスゆえの苦労が垣間見えます(涙)

「窓」

連想:明かり
この時、新居に引っ越した日の夜の記憶が蘇りました。窓に写る、部屋のオレンジ色の照明が、まるでUFOのように見えたのを覚えています。
ついでに “今” 当日の様々な出来事を思い出しました!

初めて見る二段ベッド、弟とティッシュを箱から全部引っ張り出して遊んだこと(いつもなら、お仕置きものですが、その日の母はなぜか寛容でした。)、近くの田んぼから聞こえて来る、おびただしいカエルの鳴き声…
引っ越した日の夜は、「怪しくも不思議に満ちた」魅力的で特別な一日でした。
引越 関連日記:夢占い 引越の夢

「机」

連想:椅子
連想自体は普通ですが、その時イメージしていた「椅子」は、子供の頃に「一番最初に見た」と記憶している夢に出てきた椅子でした。
その意味で、コンプレックスと言うより、もっと大きな『個人的神話』あるいは人生脚本に関連していると言えます。

「誇り」

連想:エゴ
肯定的な言語に対して、「否定的な言葉」を連想しています。反応に時間もかかっています。
「誇り=自尊心」に関して「問題を抱えている」ことを示しています。

「怒り」

連想:抑圧w
確かに「怒りを抑圧する」傾向がありますが、瞬時に反応したところをみると、何かカウンセラーという「職業柄の反応」でもある気がします。

「ランプ」

連想:ランプくん!
夜の盟友「ランプくん」です。それ以上は説明不要でしょう。

「青い」

連想:灯り
灯りの色としては、決して一般的ではないですね。青い灯り…何か「怪しい」感じがします。

「金持ち」

最初の連想:貧乏
次の連想:思い出せなかった
これは「支払う」と同様のコンプレックスが働いていると思われます。

「馬鹿な」

連想:馬鹿なこと
同じ言葉を繰り返してしまっています。確かに「馬鹿と思われる」ことには抵抗があります。このことが、無意識に「相手のことを見下す」態度に繋がっているのでしょう。
実際には、対人関係のチャンネルで「思ってもいない失礼な言葉」として現れたりします。

「家」

連想:家内
独身者の連想としては、あまりに妙です。先日見た「結婚する夢」と関係がある気がします。

「争う」

連想:嫌
これも、前述の「苦手」と同じ「劣等感コンプレックス」です。
「争いを嫌う」一見、平和主義者のようで良さげですが、ことはそんなに単純ではありません。
度を超えると、自己主張がなくなり「相手の言いなり」になってしまいます。そのくせ、「被害者意識」から内心、相手に対しての「激しい怒り」が渦巻いていたりします。

「古い」

連想:布
実はこの連想が一番気になります。「古い布」何でしょう、これは?…と思案していたら連想が浮かびました!
ミイラの布です! 「ツタンカーメン王の秘密」の世界です!
これも上述の、『個人的神話』あるいは『人生脚本』に関連しているようです。
ちなみに、子供の頃の夢は「考古学者」です。

「花嫁」

最初の連想:衣装
次の連想:結婚
これも「結婚する夢」の影響を受けて連想が乱れた気がします。

「同一視・同性愛@ユング心理学入門」へ続く >>

夢占い・夢診断・夢分析のご案内 >>

*********************************************
無意識の現れ―ユングの言語連想検査にふれて ユング心理学概説1
ユングの〈コンプレックス心理学〉の全貌を初めて体系立てて解説したシリーズの第一巻。
*********************************************
連想実験/C.G.ユング著
100の刺激語によって無意識のコンプレックスを探り出す言語連想検査。ユングを一躍有名にしたこの言語連想検査に関する基本的で、かつまた興味深い事例を含む7論文を収録。
*********************************************
ユング心理学入門/河合隼雄著
*********************************************

このページの上部へ

プロフィール

心理カウンセラー・夢分析家・写真家
保有資格:
産業カウンセラー
米国NLP協会TM認定NLPマスタープラクティショナー
プロフィール詳細

サイト内検索

最近のピクチャ

  • 夜の公園のゾウ