hp_yume_header.jpg


ユング心理学 一覧


今回はフロイトの精神分析とユングの分析心理学とでの、夢分析の仕方の大まかな違いについて書かせていただきます。

フロイトの精神分析による夢分析の仕方

私はフロイトの夢分析の事例を直接読んだことはありませんが、ユングがその方法に批判的検討を加えていることから、今回はそのユングが示した夢分析の方法をフロイトが実際に行っていたものと仮定して紹介させていただきます。

ユングによればフロイトは精神分析の治療に用いていた自由連想法を、夢分析にも適用していたようです。
なお自由連想法とは、心に思い浮かぶままに次々と連想を働かせていく方法です。

この方法によって夢の内容から連想されることに想いを巡らせ続けると、やがて夢見手の日常の重要な出来事や性格傾向などに辿り着き、その明らかになった個人的な内容を、夢に隠されていた無意識的な意味と判断する。
これがユングによればフロイトが精神分析のセッションの中で行っていた夢分析の方法のようです。

余談ですがこのフロイト的な夢分析の方法は私自身も過去に試しており、その時の連想内容を自己分析のサイトに掲載しております。
こちらをご覧いただけますと、夢の内容から夢見手の個人的な心理に繋がって行く様子がお分かりいただけると思います。
自由連想法による夢分析

ユングの分析心理学による夢分析の仕方~拡充法

一方ユングはこのフロイト的な夢分析の仕方では、夢が持つ本来の意味からどんどん離れて行ってしまうと考え、夢見手の連想に頼ることなく、夢そのものの意味を明らかにするべきだと考えました。
そしてここでの夢そのものの意味を解き明かすツールが、ユング心理学の代名詞とも言える元型の概念です。

元型とは、個人を超えた集合的・普遍的な無意識の領域を説明する概念であることから、ユングが夢の意味として、フロイトが想定した夢見手の個人的無意識ではなく、元型と呼ばれるこの世界全体を支配する目に見えない普遍的な力(あるいは作用)の表れと考えていたことが想定できます。
またこのように夢の内容に隠された元型の働きを探る夢分析の方法は拡充法と呼ばれています。

最後に、ではフロイトとユングのどちらの見解が正しいのかという話についてですが、これについては心というものが、そもそも物質のように客観的に測定ができない極めて主観的なものですので確かめようがありません。

ですから実用上はどちらの見解(仮説)が心理臨床でより役立つのかという観点から選択されることになり、例えば私の「クライエント個人の主体性を重んじる」臨床スタイルからは、夢の意味をフロイトが想定する個人的無意識と考えた方が役立つことが多いので、元型の探求ではなく、クライエント(夢見手)本人の連想の方を重視するスタイルとなるということです。


ユング心理学による夢の自己治癒力(自然治癒力)の理論:

フロイトが「夢は無意識への王道」と称したように、心理学の世界で夢は特別の地位を与えられ、特にユング心理学をはじめとしたスピリチュアルな心の領域を扱う心理学では、夢の治癒力ということが盛んに言われています。

ユング心理学では意識(自我)に対して、より上位に位置するセルフ(自己)の存在を仮定しています。そして自我はウィニコットの言う「偽りの自己」のような存在に過ぎず、本当の自己であるセルフに近づくことで自己成長が図られるとし、このプロセスは個性化(自己実現)と呼ばれます。
また本当の自己であるセルフは物事の本質をすべて知り尽くしている一種の神のような存在と仮定されています。

夢はこのセルフの働きにより造られるもので、自我の偏った思考パターンを修正し個性化を促す働きがあるとされます。

このユング心理学の理論によれば夢自体に自我の病的な思考パターンを修正する働きがあると考えられるため、特に夢分析などの作業を行わなくても毎晩夢を見ることで*心理的な自己治癒力(自然治癒力)が働くことになります。
これが夢には治癒力があると言われるゆえんです。

*たとえ覚えていなくても「誰でも」一時間半に一回の頻度で夢を見ていることが実験心理学で明らかにされています。

治癒力は夢分析のプロセスにある:

私自身も夢分析を学び始めた当初はユング心理学の理論を半ば盲目的に信じていました。
しかしその頃から10年以上経った今、改めて当時の夢を振り返ってみますと、当時は自己治癒力によりセルフへと導いてくれると信じて疑わなかった夢の多くが、躁的防衛と呼ばれる理想化された幻想世界への逃避(現実逃避)の表れに過ぎなかったことを知りました。

さらに自由連想法などを用いた自己分析*により無意識の心理への親和性が高まるうちに、ユング心理学の理論とは別の夢の意味が明らかとなっていきました。
フロイトは「夢は無意識への王道」と言いましたが、私の印象では夢は夢見手の無意識の心理状態をほぼ正確に表しているように思えます。ただし表現の仕方は日常の空想より遥かにユニークではありますが…

したがって夢は夢見手の無意識の心理の表れであり、夢自体に自己治癒力・自然治癒力が働くことは滅多になく**、治癒力が働くか否かは夢分析のプロセス、したがって夢見手や(間接的に)精神分析家・心理カウンセラーの力次第というのが私の考えです。

*関連ブログ:抑うつ型自己愛性人格の心理カウンセラーの自己分析・自己治療の記録

**それ自体に治癒力があると思われる夢を何度か見たことがあります。しかしそのような夢は滅多に見られるものではありません。

自己愛の病理を助長しかねない夢の理想化:

夢をいたずらに理想化することは(かつての私がそうであったように)自己愛の病理(重症化すれば自己愛性人格障害)を助長・悪化しかねず、また夢分析を本来の目的である心の病の治療や自己成長から元型の知的解釈へと貶めることになりかねません。

しかしたとえ夢に自己治癒力・自然治癒力が期待できないとしても、夢は精神障害をはじめとした心の病の治療に有益であることに変わりはありません。
たとえば夢は人格タイプの見立てなど、心理アセスメントに大変有益な情報を提供してくれます。
関連ブログ:夢は無意識の人格(性格)タイプを映す鏡-夢分析

夢の治癒力 心理学的分析本


ユング命でスタート:

ボクはブログを始めた当初からHNを「カフェの住人(ユング命)」と、カッコ書きで『ユング命』と付けてきました。それだけユング心理学に心酔していたわけですが、(非力ながら)夢分析・心理カウンセリングの仕事を始めてからは少し様相が違ってきました。

ジェンドリンへ傾倒:

夢カウンセラーの養成コースを卒業して、独学でカウンセリングの勉強をしているうちに、ユージン・ジェンドリンの『フォーカシング指向心理療法』という考え方に惹かれていきました。

フォーカシング指向心理療法とは、あらゆる心理療法(したがって、ユング心理学もフォーカシングも含まれます)を「クライエント中心療法」の観点から、簡単に試せるように小さく分解して用いて、なおかつ気が進まなければクライエントがその提案を楽に断ることができるように、言い回しに工夫を凝らしていくような心理療法です。

フォーカシング指向心理療法の考え方は、「工夫こそ我が人生」のボクの性格にピッタリでした♪
また実際に夢分析・心理カウンセリングに用いたところ、効果は絶大でした★

自分の夢を分析していた頃は、元型的に夢を解釈して一人悦に入っていてもそれで良かったのですが、セルフヘルプの援助にせよ治療にせよ、プロとしてお金をいただく以上は「結果」を出さなければなりませんし、その結果が「喜び」にもつながります。

関連ページ:クライエント中心療法的な夢分析

ユング命→ジェンドリン命:

ジェンドリンの「フォーカシング指向心理療法」は
1. ボクの性格(工夫こそ我が命)に合っている。
2. 治療上、極めて有効。
3. 他の心理療法と対立しない。
4. ボクの信条である「クライエント中心」の精神に適っている。
などの理由から、今では夢分析・心理カウンセリングの中心的な位置を占めています。

したがって、このブログのHNも次のように変えることと相成りました。
カフェの住人(ユング→ジェンドリン命)←長っw

※ユング心理学は、夢分析・心理カウンセリングの役に立たないわけではありません。事実、ボクは今でも部分的に利用しています。
批判しているのは「何でも元型的に解釈する」当時のボクの態度についてです。(意外に思われるかもしれませんが)ユング自身は治療に際して、そのような過ちは決して犯さない人でした☆

関連ページ:ユングの夢分析の実際

ユージン・ジェンドリンの著書
ユング心理学の本

このページの上部へ

プロフィール

心理カウンセラー・夢分析家・写真家
保有資格:
産業カウンセラー
米国NLP協会TM認定NLPマスタープラクティショナー
プロフィール詳細

サイト内検索

最近のピクチャ

  • 夜の公園のゾウ