hp_yume_header.jpg


アクティブ・イマジネーション 一覧


「子供の頃に繰り返し見た夢」の夢分析:

今回の夢分析で、ひとまず分析家の方に夢分析していただくのは一区切り。
最後なので、「子供の頃に繰り返し見た夢」を分析していただくことにした。

夢の内容:

画面が一面、火のように真っ赤に燃えている。
山の方から畦道を通って葬式の列が近づいて来る。

夢分析:

この夢を見るのは決まって、かなりの熱がある時だったので「あっ、熱があるんだ」と一種、バロメーターの役割を果たしていた。
目が覚めると、体が痺れる何とも嫌な感覚を味わった。

夢の再体験

目を閉じて、再び夢を再体験してみる。

アクティブ イマジネーションに移行

葬式の列が目の前まで近づいて来る。全員、体が墨のように真っ黒で、おまけにカマキリ並に激ヤセしている。どう見ても人間には見えない。

「どうしますか? 葬式の人と対話してみますか? それとも、どこへ行くのか見届けますか?」
そのままボクの右横をすり抜けて行ってしまったので、後ろからついて行くことにする。
(イメージが自然と流れ出し、アクティブ イマジネーションに移行している。)

どんどん進んで行くと、急に視界が開けて海が見える! すると列が、それに呼応するかのように右に方向を変え、今度は険しい山道を登って行く。
すっかり辺りが暗くなって来た。このまま、山の中で野宿するらしい。
列がサッと散って行く。辺りを警戒しているようだ。敵がいるのか? それとも野獣でも出没するのか?

ボクの周りにも円陣を組んで警備してくれている。いつの間にか、人々の姿がネイティブアメリカンに変わっている。
何か自分が主役で、大名か王様にでもなった気分☆ とはいえ身分に差があるわけではなく、「対等だけれど役割が違う」感じ。
どうやら、ここでも前回のナラティブセラピー同様、異人歓待の風習が息づいているらしい。

ビジョンクエストの様相

ネイティブアメリカンの人々が焚き火を始める。何やら雰囲気がビジョンクエストのようになって来た。
すると、いきなり土の中から巨大なカエル(真っ黒で30センチ以上ある!)が現れて、ノロノロと焚き火に近づいて行き、自ら火の中に身を投じる! 焼身自殺だ! その行いが、なぜかとても「不器用」に見えた。
不器用に自殺…

不器用なカエルは「これまでの古い自分」で、「これからの自分」のために死んで行った気がして来る……それほどまでして、変わらなければならなかったのか…それは何のためなのか?

「何か思い当たることはありますか?」
「う~ん、強いて挙げれば『デザインのスキル』とか『営業』とか…」
と答えつつも、いまいち実感が湧かない。
分析家から「自ら死ななければならないほど切羽詰まっている」と言われても同じだ。

再び、アクティブ イマジネーション

またイメージが流れ出す。炭になったカエルに近づき、手に取ると涙が出て来る。炭の上に落ちた涙が光り輝く。炭から黒い蜘蛛が次々と生まれ旅立って行く。

「古い私が死んでも、たくさんの新しい私が次々と生まれて来る。しかし、そのためには自ら涙を流す必要がある。」
(意識に変化がもたらされる)
新しいことを、ちょっとずつ試してみようと思った。

夢分析を振り返る:

今回の夢分析は、前回のナラティブセラピーといろいろ共通点(異人歓待の風習、ワーク後の「自信」など)がありました。
ただ異なる点は、たくさんの新しい私の部分です。今回の夢分析では「たくさんの小さな巨人」が生まれている点で、よりパワフルです。

夢占い・夢診断・夢分析のご案内 >>

無意識と出会う ユング派のイメージ療法 アクティヴ イマジネーションの理論と実践1
アクティヴ イマジネーションの入門に。アクティヴ イマジネーションの仕方が丁寧に書かれています。

ビジョン・クエスト―荒野における自己変容

続きを読む


アクティブ イマジネーション開始:

前回のアクティブ イマジネーションで失った目玉を探しに、盟友ミーシャくんと、いざ谷底へ!
肩に乗せたミーシャくんが石の像に変化している。その重みで地面に沈んでいく。下半身がスッポリ埋まったところで止まる。地面の下は水で満たされているようだ。

押絵と旅する男 状態:

ここで連想が働き、舞台は小学生の時の海水浴で行った海へワープ。浮き輪で海に浮いている。沖合に漁船が見える。といっても紙のオモチャだ。押絵と旅する男よろしく、模型の世界に入り込んでしまっているのだ! ということは、見ず知らずの巨大なガキが騒いでいるのが見える。こいつらに運命を握られている!?
冗談じゃない、急いで見つからないうちに沖へ逃げる。ゴマ粒のような自分がスイスイ泳いでいるのが見える。

押絵と旅する男 状態は続く

やがて、恐竜時代のような島が見えてくる。火山がモクモクと煙を上げている。砂浜が見えてくる。プラモデルの人々が見える…ここも模型の世界(沈)。
水から上がった途端、プラスチックのスーツのようなものが自動装着され、思うように動けなくなる。遂に重さに耐えきれず片膝をつく。
海の方から幼い頃に見たアニメのロボット達がやって来る。彼らの手を借りて大気圏外へ脱出する。辺りが音一つない静寂に包まれる。

ここで、いつの間にか眠りに(パッシブな状態)。

エッチな万力:

先ほどの島に戻っている。海岸に性器を思わせるような巨大な肌色の万力が突き刺さっている。見ようによっては宇宙船にも見える。

(再びパッシブに)…目玉、出て来てないよ、目玉!

翌日に分析:

ほとんど分析不能! かろうじて、アニメのロボットに助けられる部分が、おとぎ話で動物に助けられるシーンを連想させるぐらい。
今日は、気が散って全然ダメ。日を置いたのもマズかったかな。

夢占い・夢診断・夢分析のご案内 >>

押絵と旅する男/江戸川乱歩

押絵と旅する男/人間椅子

続きを読む


アクティブ・イマジネーションの内容:

「いい天気ですね」 言葉に困って間抜けなことをいってしまったためか、いきなり日本刀で目をグサリ! ゲッ、でもイメージの中だから痛くな~い。刀を引き抜く。水晶のような目玉が谷底深く転がっていく。
なおも切り掛かってくる。真剣白羽取り! あっ、失敗した。今度は頭を切られる。陣笠の侍がいつの間にか「銀河鉄道999」の車掌さんに姿を代えている。ロボットだったんだ。
口から音符の息を吹きかけられる。白いモヤに体が包まれる。よく見ると顔はミーシャくんだ(注)。笑ってる。楽しくて笑ってる。
あんまり楽しくて、タヌキよろしく、♪ぽんぽこぽんぽこ、お腹を叩く。ボクも真似して♪ぽんぽこぽんぽこ、楽しいな。

注)昔付き合ってた方からプレゼントされたティディベア。未練がましいと思うなかれ、ぬいぐるみに罪はなし、ピース!…すごく恥ずかしいんですけど。こりゃカミングアウト並だ。

アクティブ・イマジネーションの分析:

目をグサリ→イメージ(視覚)偏重の人生に対する補償作用。心の目(感覚)で見よ! 頭を切られる→思考偏重に対する補償作用。 水晶のような目玉→以前の夢の解釈では「宝物」。 音符の息→音楽は「感情」機能の典型的な象徴。その後の展開からして、これで問題ないと思う。 タヌキ→今のところ不明。「狐」を連想はするが。 事態が急に好転したこと→切られることが一種の試練だったのではないか? それを乗り越えたことで無意識に認められたのではないか? いわばイニシエーションだったのだろう。

アクティブ・イマジネーションの中で、普段は劣等な感情機能を経験した。
ボクの人生には(象徴的な意味での)音楽が必要なんでしょう。心のバランスを崩してるな? と思ったら、ぽんぽこぽんぽこって感じですか。

転がって行った目玉のことが気になる。次回に探しに行かなくては。こうして、アクティブ・イマジネーションは続く…

アクティブ・イマジネーションの感想:

アクティブ・イマジネーションは、ひとりでこっそり何でもアリなのが良い。こんなことグループワークじゃ恥ずかしくってできませんて、旦那。

北斎漫画制作キット

夢占い・夢診断・夢分析のご案内 >>

このページの上部へ

プロフィール

心理カウンセラー・夢分析家・写真家
保有資格:
産業カウンセラー
米国NLP協会TM認定NLPマスタープラクティショナー
プロフィール詳細

サイト内検索

最近のピクチャ

  • 夜の公園のゾウ