hp_yume_header.jpg


人工透析を受ける父親の死期@夢日記・夢分析


夢日記:

父親が腎不全のため人工透析を受けている。透析の仕組みが詳細に映し出される。
実家で祖母が愛犬を見ている。愛犬もまた人工透析を受けている。

夢から覚めたときの印象:

父親の死期が近いのでは?

夢分析:

人工透析を受ける父親の死期

父親が糖尿病の悪化による腎不全で人工透析を受けていたのは現実の出来事ですし、かつて飼っていた愛犬も死因は糖尿病による腎不全でしたので、もし犬でなく人間でしたら人工透析の治療を受けていたことでしょう。

父親は結局この夢を見た4ヵ月後に他界しました。4ヵ月後も後ですから、この夢は予知夢とはいえないような気がします。
むしろ「父親がいつ死んでもおかしくない」という不安が夢に現れたものと考えられます。

人工透析の費用・食事・余命(寿命)ガイド本

夢診断・夢分析のご案内 >>
心理カウンセリングのご案内 >>
自己分析のご案内 >>
インナーチャイルドの癒しのご案内 >>

Twitterに連動させていますので、フォローしていただくと更新通知をTLでご覧いただけます。



Comments [2]

No.1

はじめまして、お父様の透析大変ですね!
海外移植アドバイザーの長瀬と申します。

先日ある大学教授が中国で移植を成功させて来ました。

とても元気になって2週間で戻ってきて、3週目の入学式典に参加されとてもお元気です。

そんなこともあり、時々要らぬお節介でこの様なコメントをさせていただいております。

わたしは、以前中国フィリピンで独資法人を6年間運営するなか、医療通訳会社として日本領事館を始め、ウクライナ大使館、ギリシャ大使館、エジプト領事館などからの依頼により、沢山の患者の医療通訳を務めてまいりました。
WHOのイスタンブール宣言以降海外での渡航移植が益々厳しくなる中、国内での移植は法改正の動きとまったく関係なく、状況が改善される見通しはありません。その様な中、国内臓器移植斡旋に関わる抜け道として君臨する暗い影が見え隠れするNPO団体。この様な危険な組織に身をゆだねることは大変危険です。わたくしは本業のかたわら、余りにも国内に於いて海外で移植を必要とされる患者の皆様に対する情報が気薄である現状を見て、何らかのアドバイスができないものかと考えました。
その中で世界の渡航移植に関わる情報サイトを立ち上げてみました。
もし良ければいつでも気軽に情報を探って頂ければと思います。また、わたしの知る範囲で危ないサイト、団体についてもお知らせてしていきたいと思います。

何かお力に成れる事があればいつでも連絡ください。

※こちらのサイトはなんら斡旋等金銭が発生する様なビジネスサイトではありません。

http://www.zoukiishoku119.com/

No.2

> タラちゃんさん

「人工透析を受ける父親の死期@夢日記・夢分析」にコメントありがとうございます。

> お父様の透析大変ですね!

お気遣い、ありがとうございます。

> 海外移植アドバイザーの長瀬と申します。

腎臓移植のアドバイザーをされていらっしゃるのですか。
テレビのニュースなどを見ていますと、腎臓に限らず臓器移植一般について世界的には規制を設ける方向に動いているようですね。
人工透析を受けられている方には喜ばしくない動きでしょうが…

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

プロフィール

心理カウンセラー・夢分析家・写真家
保有資格:
産業カウンセラー
米国NLP協会TM認定NLPマスタープラクティショナー
プロフィール詳細

サイト内検索

最近のピクチャ

  • 夜の公園のゾウ