2016年11月14日(月)の夢日記。

夢の内容

見知らぬ女性の弁護士から、身に覚えのないことで訴えられ困ったことになる。

そのことを考えながら浮かない気分で家路に着くと、途中で公園が見えたので立ち寄ってみる。
すると老婦人が散歩で連れていた犬が突然走り出してきて、右手を丸ごとガブリと噛まれる。
ただ不思議と痛みは感じなかった。

夢分析

自分が嫌な目に遭う自己愛的な空想の反映

夢から覚めたときに、昔の自分がよくしていた行為のことを思い出しました。
それは自分が嫌な目に遭う場面を繰り返し空想するというものです。

なぜ、わざわざ楽しくもない場面を空想するのか理解に苦しむ方もいらっしゃると思いますが、このような行為は隠れ自己愛とも称される抑うつ型の自己愛的な性格構造の人では珍しくないようです。

空想ゆえ現実感が乏しい

また犬に手を噛まれても少しも痛くなかったのは、現実離れした空想世界の特徴ゆえのことのように思えました。

自己愛的な人の嫌な気分の時に、それを助長するような空想をする傾向

では、なぜ今になって、昔の自分のことを思い起こすような夢を見たのか。
それは夢を見た日の2日前の出来事と関係しているように思えます。

その日は「味方ばかりの環境で気が大きくなり反対派を蔑みこき下ろす~自己愛性パーソナリティの自己分析」にも書きましたように、あるイベントで調子に乗って偉そうに振る舞い、後からその行いを猛反省したのですが、その反省の仕方が多分に自分卑下的なものでした。

また以前に前述のような空想を盛んにしていた頃は、そのような空想をするのは嫌なことがあって気分が落ち込んでいたり、あるいは暇を持て余している時など、いずれも楽しい気分の時ではありませんでした。
ですから心地良くない体験をした時に、さらに気分を損ねるような空想をするという点で、当時の私と今回の夢との間に共通点があるように思えました。

もっとも、このような傾向がない方には、当時の私や同じようなタイプの自己愛的な人がなぜ自虐的な空想という行為を繰り返すのか理解しづらいと思いますが、それはもちろん何らかのメリットがあるためです。
この点についてはカウンセリングのHPで後日詳しく解説する予定です。
(掲載しましたら、こちらにもリンクを張ります)