2017年4月15日(土)の夢日記

夢の内容

カフェで(架空の)イタリア人の知人二人と、ビジネスの話をしている。
大事な書類を隠されたりするなどの嫌がらせを受け、激しい怒りを感じる。

二人と別れ町中の歩道を自転車で走っていると「イランのほとり」という小さな看板が目に入る。
どこか聞き覚えのある店名のため「ここにも出来たのか」と思いつつ通り過ぎるが、気になり、また戻ってくる。

どうやら100円でチャイが飲めるカフェらしい。これはかなりお得だ。
お店の中を覗くと、靴を脱ぎ居酒屋の掘りごたつのような感じの席にお客さんが3,4人いて、イラン人らしき人が親しげに接客している様子が見える。

夢の拡充法

チャイは好きなので本当にそう言う名前のカフェがあるのかと調べてみましたが、残念ながら存在しませんでした...

補足)拡充法とは、夢に出て来た知らないものを調べることで、夢の意味を探るユング派の技法です。